2010年03月09日

「日米安保に影響なし」非核三原則も堅持 岡田外相(産経新聞)

 日米密約に関する有識者委員会の報告書提出を受け9日午後、記者会見した岡田克也外相は、「密約調査で日米安保体制の運用に影響を及ぼすとは考えない」と述べた上で、「米国の核政策の変更によって平成3年以降は、核が(日本に)持ち込まれたことはないと考えている。非核三原則を見直す考えはない」として、引き続き非核三原則を堅持する考えを表明した。

 また、岡田外相は、密約について「これほど長期間にわたり冷戦後も国会、国民に明らかにされてこなかったことは極めて遺憾だ」と表明。そのうえで、外務省に「外交記録公開・文書管理対策本部」を設置する考えを示した。

【関連記事】
日米密約「3密約を認定」有識者委員会
日米密約で有識者委が初会合 1月中に報告書提出
「日米密約」外務省が有識者委員会設置
日米密約 公表は年明けも 岡田外相 有識者会議設置へ
民主の政策課題「友愛」「財源」大丈夫?
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

介護業界、厳しい春闘…待遇改善・賃上げ国頼み(読売新聞)
公共事業費の大幅削減、国交相と民主議員が激論(読売新聞)
<ソーラー飛行機>2年後に世界一周に出発 スイス人が挑戦(毎日新聞)
「審議拒否の責任取ってほしい」 自民執行部に河野太郎氏(産経新聞)
2ちゃんねるダウン 米企業がFBIと法的措置検討(産経新聞)
posted by カワモト テツヤ at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。