2010年06月12日

村上隆がセレクトするギャラリーショップ「Hidari Zingaro」(Business Media 誠)

 中野ブロードウェイというと、フィギュアや漫画、アニメグッズを求めてまんだらけに直行する人、それよりももう少しカルチャー寄りなタコシェに向かう人、もちろん普通に買い物をしている主婦、と平日も休日も常に混沌とした雰囲気の漂う場所である。

【拡大画像や他の紹介写真】

 そんな懐の深さを持つ、東京・中野の中野ブロードウェイに、最近明らかに違った層の人たちが向かっているのだという。目的地は「Hidari Zingaro(ヒダリジンガロ)」。

 この店は、村上隆氏が大好きな場所・中野ブロードウェイにオープンした、アートのセレクトショップなのである。

 ショップ名は、江戸時代の彫刻師・左甚五郎のもじり。彼の名前にまつわる話は諸説あるというが、「左」は右に対する反対ということで、反社会的なものの象徴、パンク。そして甚五郎というのは、ヨーロッパにいるジプシー「Zingaro」からとったのではという話。まさにアーティストにふさわしい、自由な名だということでショップの名前になった。

 ギャラリーには、村上隆氏やカイカイ所属のアーティストの作品はもちろんだが、村上氏が所蔵している、KAWS、ナオミ・フィッシャー氏、NY在住のBrian Montuori氏、Nick Z氏の作品など、村上氏の目でセレクトされた現代作家の作品も販売。

 その美術品と並ぶように陶芸作品が置いてある。これらは村上氏が陶芸に凝った時期に買い集めた現代作家(一部アンティークもあり)の作品だ。

 「現在、会社の倉庫には、陶芸作品だけで店が20回埋まる程の所蔵品があります。陶芸については、ひととおり勉強しまくりました。よしあしや味わいの勉強をさせてもらったから買った値段のままで販売してるのもあるし、10倍の値段もある。美術の本質をお店で表現したいんです」(村上隆氏)

 取材時に並んでいた作家は、三苫修、大谷工作室、横山拓也、熊谷幸治など。現代の比較的若い作家の作品が多かった。

 企画展などを設けるのではなく、セレクトの基準は1つ、村上氏の目である。中野を目指す人の流れが少し変わりそうな店だ。是非、一度訪れてほしい。

●Hidari Zingaro

中野ブロードウェイ
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
Open.12:00〜19:00、水休
お問い合わせ:03-5345-7825

【上條桂子,エキサイトイズム】
Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.


【関連記事】
長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1
ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
視覚の隙を突いて、空間をねじ曲げる。アニッシュ・カプーア

遊び心満載のクロスオーバー「JUKE」――日産(Business Media 誠)
17歳少女とみだらな行為 警視庁警部補を逮捕(産経新聞)
<参院選>安倍元首相らが民主の単独過半数阻止で連携(毎日新聞)
債務残高、10年後縮減=概算要求基準復活を示唆―野田財務相(時事通信)
篠山紀信氏に罰金30万円=屋外ヌード撮影で略式命令―東京簡裁(時事通信)
posted by カワモト テツヤ at 03:39| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。